映画『青くて痛くて脆い』

彼女は死んだー

僕は忘れない。

『君の膵臓をたべたい』の住野よるが『キミスイ』の価値観をぶっ壊すため描いた衝撃作!ついに映画化!

この青春には、

嘘がある。

吉沢 亮 × 杉咲 花

誰も見たことのない 驚愕の青春サスペンス誕生!

introduction
 デビュー作「君の膵臓をたべたい」が2015年に出版されるやいなや、累計300万部を突破し、一躍ベストセラー作家となった住野よる。2017年には、同作が映画化され興行収入35.2億円の大ヒットを記録。若者を中心に、「キミスイ」ブームを巻き起こしました。そんな住野よる。の第5作目となる「青くて痛くて脆い」は、住野自身が発売当時のインタビューで“最高傑作”と述べるほどの意欲作となりました。2018年「二十歳が一番読んだ小説」にも輝きベストセラーに。今、若者に最も人気のある作家・住野よるの名著「青くて痛くて脆い」がついに、この2020年夏、実写映画化!「大切な仲間」と「居場所」を奪われた大学生の青年が、嘘と悪意にまみれながら復讐していく、まさに青くて痛くて脆い青春サスペンスが誕生いたします。
 主人公・田端楓(たばたかえで)を演じるのは、映画『キングダム』で、第62回ブルーリボン賞・助演男優賞、第43回日本アカデミー賞・最優秀助演男優賞を受賞した吉沢亮。昨今、数多くのドラマや映画に出演し、2019年度前期NHK連続テレビ小説「なつぞら」で大きな話題をさらい、2021年にはNHK大河ドラマ「青天を衝け」で主演を務めるなど、現在最も旬な俳優・吉沢が、コミュニケーションが苦手で、他人と距離を置き、その人の人生に立ち入ろうとしない大学生・田端楓を、独特な存在感と確かな演技力で魅せます。吉沢とのW主演で本作のヒロインを務めるのは、『湯を沸かすほどの熱い愛』で第41回報知映画賞・助演女優賞、第59回ブルーリボン賞・助演女優賞、そして第40回日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞を受賞し、2019年NHK大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」の出演も記憶に新しい杉咲花。繊細な演技力で数々の映画に出演し、2020年度後期のNHK連続テレビ小説「おちょやん」でヒロインを務める女優・杉咲が、理想を目指すあまり空気の読めない発言を連発し、周囲から浮いている大学生・秋好寿乃(あきよしひさの)を演じます。若手ながらも確かな実績を重ね、さらには次期NHKの“大河ドラマ”と“朝の連続テレビ小説”の主演を務める、人気・実力を兼ね備えた吉沢杉咲のW主演。この“二人でしか”、そして“今でしか”観ることのできない、青春の青さと痛さと脆さが、スクリーンに焼き付けられています。
 さらに吉沢杉咲に加え、物語を紡ぐフレッシュで個性的な俳優陣が集結。楓の親友で、楓と秋好が創ったサークル“モアイ”をぶっ潰す手助けをする前川董介役に岡山天音。董介のゼミの後輩で“モアイ”の幽霊部員・本田朝美(ポン)を演じるのは、松本穂香。“モアイ”の幹部で積極的に社会人や企業への媚売りを進める、天野巧(テン)を演じるのは、清水尋也。楓と秋好が“モアイ”の活動をしていた時に知り合った、不登校の少女・西山瑞希を演じるのは、森七菜。楓のバイト先の後輩で、“モアイ”に加入する川原理沙を演じるのは、茅島みずき。西山の学校の担任・大橋を演じるのは、光石研。“モアイ”を外部者として支援し、その発展に寄与した脇坂を演じるのは、柄本佑。一癖も二癖もある共演陣が、想像を超えた危険な芝居で、青春サスペンスを盛り上げます。
 そして、本作の主題歌を担当するのは、今、若い世代を中心に大きな注目を集めている4人組のロックバンド、BLUE ENCOUNT。原作小説には彼らの楽曲「もっと光を」がテーマソングとして使用されていましたが、原作者・住野たっての希望で、映画でも主題歌を担当することに。作詞作曲を手掛けたボーカル田邊は、この物語を今までにないほど自分と重ねてしまう部分が多く、とにかく衝撃的だったと語っており、主題歌「ユメミグサ」は、この映画を彩るためだけに作った曲ではなく、登場人物たちに宛てた手紙のような存在だといいます。映画のラストを彩るその旋律に楓は、秋好は、そしてあなたは何を思い、何を感じ、どんな表情で映画館を後にするのか−−
 「キミスイ」に続く、そして「キミスイ」を超える待望の住野よる作品。原作、キャスト、スタッフ、さまざまな個性が混ざり合った危険なマリアージュ。この映画でしか味わえない、青くて痛くて脆い時間を体感してください。公開は2020年8月28日(金)。誰も見たことのない驚愕の青春サスペンス。あなたは、この青春の“嘘”を見破れるか!?
story
人付き合いが苦手で、常に人と距離をとろうとする大学生・田端楓と
空気の読めない発言ばかりで周囲から浮きまくっている秋好寿乃。

ひとりぼっち同士の2人は磁石のように惹かれ合い秘密結社サークル【モアイ】を作る。

モアイは「世界を変える」という大それた目標を掲げボランティアやフリースクールなどの慈善活動をしていた。
周りからは理想論と馬鹿にされながらも、モアイは楓と秋好にとっての“大切な居場所”となっていた。

しかし
秋好は“この世界”から、いなくなってしまった…。

秋好の存在亡き後
モアイは社会人とのコネ作りや企業への媚売りを目的とした意識高い系の就活サークルに成り下がってしまう。

変わり果てた世界。
取り残されてしまった楓の怒り、憎しみ、すべての歪んだ感情が暴走していく……。
アイツらをぶっ潰す。秋好を奪ったモアイをぶっ壊す。どんな手を使ってでも……。

楓は、秋好が叶えたかった夢を取り戻すために親友や後輩と手を組み【モアイ奪還計画】を企む。
青春最後の革命が、いま始まる−−

BLUE SIDE

ひとりぼっち同士は、磁石のように惹かれていった

cast
吉沢 亮(田端楓役)
コミュニケーションが苦手で、他人と距離を置き、
その人の人生に立ち入ろうとしない大学生。
秋好と秘密結社サークル「モアイ」を作るが...
1994年2月1日生まれ、東京都出身。
<代表作>
『銀魂/銀魂2 掟は破るためにこそある』(17/18)、『リバーズ・エッジ』(18)、『キングダム』『空の青さを知る人よ』(声優)(19)、『一度死んでみた』『さくら』(20)など

comment
今回僕が演じた“田端楓”という役は、今まで演じたことのない闇の抱え方、屈折の仕方をした役で、観た人から嫌われそうな役だったのですが、演じていてとても楽しかったです。小説だからこそ成立しているロジックを映像的に落とし込んでいて、とても面白い作品になっていると思います。杉咲さんは、現場でも秋好同様、ずっと笑っている印象でした。前にご一緒した時は同じシーンがほぼなく、今回ガッツリお芝居を出来て嬉しかったです。
杉咲 花(秋好寿乃役)
理想を目指すあまり空気の読めない発言を連発し、
周囲から浮いている大学生。
突然楓の前から消え去ってしまう...
1997年10月2日生まれ、東京都出身。
<代表作>
『トイレのピエタ』(15)、『湯を沸かすほどの熱い愛』(16)、『無限の住人』『メアリと魔女の花』(声優)(17)、『BLEACH』『パーフェクトワールド 君といる奇跡』(18)、『十二人の死にたい子どもたち』『楽園』(19)、『弥生、三月‐君を愛した30年‐』『サイダーのように言葉が湧き上がる』(20)など

comment
住野よるさんの作品が凄く好きで、原作が出た時から「もし実写化されるならこの役をやりたい!」と思っていたので、オファーをいただいたときはすごく嬉しかったです。純粋な気持ちだけでまっすぐ突き進む、まぶしい秋好を演じられることは楽しみでした。この作品には、人に見られたくない部分がどんどん出てきて、隠されていたものがえぐられていくような描写もあり、「もしかしたら自分にもこういう一面が、どこかにあるかもしれない」という思いにもなったりしながら、ただの青春映画ではない、リアリティと深みのある作品になったと思います。
岡山天音(前川董介役)
楓の親友。
“モアイ”をぶっ潰す手助けをする。
1994年6月17日生まれ、東京都出身。
<代表作>
『ポエトリーエンジェル』(17)、『新聞記者』『王様になれ』(19)、『ワンダーウォール 劇場版』『テロルンとルンルン』(20)
松本穂香(本田朝美役)
通称ポン。
董介のゼミの後輩で“モアイ”の幽霊部員。
1997年2月5日生まれ、大阪府出身。
<代表作>
『わたしは光をにぎっている』(19)、『his』『酔うと化け物になる父がつらい』『君が世界のはじまり』『みをつくし料理帖』(20)
清水尋也(天野巧役)
通称テン。“モアイ”幹部。
社会人や企業への媚売りを進める。
1999年6月9日生まれ、東京都出身。
<代表作>
『渇き。』(14)、『ソロモンの偽証 前編・事件/後編・裁判』(15)、『ちはやふる 上の句・下の句/結び』(16/18)、『貞子』『ホットギミック ガールミーツボーイ』(19)、『甘いお酒でうがい』『妖怪人間ベラ』(20)
森 七菜(西山瑞希役)
楓と秋好が“モアイ”の活動を通して知り合う
不登校の少女。
2001年8月31日生まれ、大分県出身。
<代表作>
『天気の子』(声優)『東京喰種トーキョーグール【S】』『最初の晩餐』『地獄少女』(19)、『ラストレター』、『461個のおべんとう』(20)、『ライアー×ライアー』(21)
茅島みずき(川原理沙役)
楓のバイト先の後輩で、
“モアイ”に加入する女子大生。
2004年7月6日生まれ、長崎県出身。
本作が映画初出演
光石 研(大橋役)
西山瑞希の学校の担任。
1961年9月26日生まれ、福岡県出身。
<代表作>
『ザ・ファブル』『任侠学園』『ブラック校則』『いちごの唄』『わたしは光をにぎっている』(19)、『喜劇 愛妻物語』(20)
柄本 佑(脇坂役)
“モアイ”を外部者として支援し、
その発展に寄与する。
1986年12月16日生まれ、東京都出身。
<代表作>
『美しい夏キリシマ』(03)、『GONIN サーガ』(15)、『素敵なダイナマイトスキャンダル』『きみの鳥はうたえる』(18)、『居眠り磐音』『アルキメデスの大戦』『火口のふたり』(19)、『Red』『一度も撃ってません』(20)

BLACK SIDE

彼女の夢を取り戻すモアイ奪還計画

staff
原作
住野よる
「青くて痛くて脆い」(角川文庫/KADOKAWA 刊)
小説投稿サイト“小説家になろう”に投稿した『君の膵臓をたべたい』が話題となり、2015年出版、数多くの賞を受賞する。その他の作品に、『また、同じ夢を見ていた』『よるのばけもの』『か「」く「」し「」ご「」と「』『青くて痛くて脆い』『麦本三歩の好きなもの』などがある。
comment
初めましての方は初めまして、小説家の住野よるです。約2年前、小説「青くて痛くて脆い」の発売後まもなく、情熱あるプロデューサーさんから本作を映画化するお話をいただきました。それから何度も脚本についての相談を重ね、素敵な出演者さん達との縁が繋がり、原作を読んでくださった方にもこれから出会ってくださる方にも観ていただきたい映画『青くて痛くて脆い』が出来上がりました。物語に込めた、青さも痛さも脆さも全部ひっくるめて読者さん達と繋がりたいという思いが、よりたくさんの人に届くことを願っています。
監督
狩山俊輔かりやましゅんすけ
1977年生まれ、大阪府出身。倉敷芸術科学大学卒業。
主な作品に、連続ドラマ「Q10」(10)、「妖怪人間ベム」(11)、「泣くな、はらちゃん」「東京バンドワゴン~下町大家族物語」(13)、「奇跡の人」(16)、「生田家の朝」(18)、「俺のスカート、どこ行った?」(19)、「知らなくていいコト」(20)など。「奇跡の人」では文化庁芸術祭賞大賞など数々の賞を受賞。
主題歌
BLUE ENCOUNT「ユメミグサ」(Ki/oon Music)
Vo. Gt.田邊駿一 Gt.江口雄也 Ba.辻村勇太 Dr.高村佳秀
熊本発、都内在住4人組。熱く激しくオーディエンスと一体になり、ダイレクトに感情をぶつける熱血なパフォーマンスが話題のエモーショナルロックバンド。2014年9月にEP『TIMELESS ROOKIE』でメジャーデビュー。2015年1月にリリースしたファーストシングル「もっと光を」は、新人ながら全国35局でのパワープレイを獲得。同年5月には人気のテレビ東京系アニメ『銀魂(第3期)』のオープニングテーマとなるシングル「DAY×DAY」をリリース。7月にファースト・フルアルバム『≒』(読み:ニアリーイコール)をリリース。2016年には1月に第94回全国高校サッカー選手権大会の応援歌にもなった「はじまり」、そして『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』のオープニングテーマ「Survivor」、全ブルエンリスナーに向けた「だいじょうぶ」、ドラマ『THE LAST COP/ラストコップ』の主題歌「LAST HERO」と4枚のシングルをリリースし、そして2016年10月には日本武道館ワンマン公演、<LIVER’S 武道館>も大成功に収める。2017年1月にはセカンド・アルバム『THE END』をリリースし、バンド史上最大規模であり幕張メッセ公演を含む全国ツアー<TOUR2017 break“THE END”>も大盛況のうちに終了させた。2018年3月には待望のサード・アルバム『VECTOR』(読み:ベクトル)を発表。より多彩で進化した音楽性を併せ持つこのアルバムはオリコン・ウィークリー・チャートには6位にランクイン。全国ツアー<BLUE ENCOUNT TOUR 2018 Choice Your 「→」>でも大成功を収めた。同年11月にはTVアニメ「BANANA FISH」第2クール オープニング・テーマとしても起用されたシングル「FREEDOM」を発表し、彼らの持つソリッドな魅力を改めて提示してみせた。そしてメジャーデビュー5周年、バンド結成15周年となる2019年、6月に渾身のミニ・アルバム『SICK(S)』をリリースし、バンド史上初のホールツアー<BLUE ENCOUNT TOUR 2019 apartment of SICK(S)>を成功させた。9月11日には日本テレビ系土曜ドラマ「ボイス 110緊急指令室」の主題歌「バッドパラドックス」をリリース。さらに11月20日にはアニメ「僕のヒーローアカデミア」の主題歌となった「ポラリス」をリリース。常に全力のパフォーマンスとシンプルで熱いメッセージを愚直なまでに伝え続ける彼らの姿勢に共感が止むことは無い。



comment
田邊駿一(BLUE ENCOUNT)
「『くてくて』が映画化される日がきたらすぐにブルエンさんに主題歌のオファーします!」
2年前の僕らのライブ終了後、楽屋にご挨拶に来て頂いた住野先生がこう言ってくれました。
『くてくて』とは「青くて痛くて脆い」のこと。僕を含め、この作品のファンの間ではこう呼ばれています。先生はこれまで様々な形の「青」を描いてこられたと思っています。しかし今回の「青」には今までにないほど自分を重ねてしまう部分が多く、とにかく衝撃的でした。青春とは、扱い方一つでファンタジーにもなりサスペンスにもなるんだと。そんな『くてくて』の虜になった僕は、2年越しに住野先生との約束を叶えられたことが心底嬉しかったです。僕らの新曲、「ユメミグサ」。この作品を彩るためだけに作った曲ではありません。
僕から登場人物たちに宛てた手紙のような存在です。住野先生、原作ファンの方々、そして映画で初めてこの世界に出会うことになるみなさんに捧げます。

INSANITY SIDE

物語は、予想だにしない展開へと変貌する―

彼女は死んだー

僕は忘れない。

吉沢 亮  杉咲 花 岡山天音 松本穂香 清水尋也 森 七菜 茅島みずき 光石 研 柄本 佑 原作:住野よる「青くて痛くて脆い」(KADOKAWA刊) 監督:狩山俊輔 脚本:杉原憲明 音楽: 坂本秀一 主題歌:BLUE ENCOUNT 「ユメミグサ」(Ki/oon Music) 製作:沢 桂一 菊川雄士 弓矢政法 下田淳行 郡司 聡 エグゼクティブプロデューサー:伊藤 響 プロデューサー:河野英裕 原 公男 ラインプロデューサー:熊谷 悠 撮影:花村也寸志 照明:志村昭裕 美術:金勝浩一 装飾:西渕浩祐 録音:冨田和彦 音響効果:岡瀬晶彦 編集:木村悦子 衣裳:高橋さやか ヘアメイク:酒井夢月 VFXスーパーバイザー:廣田隼也 スクリプター:岩佐美紀 監督補:李相國 助監督:黒田健介 制作担当:後藤一郎 モーショングラフィックデザイン:熊本直樹 製作幹事:日本テレビ放送網 制作プロダクション:ツインズジャパン 配給:東宝 製作:日本テレビ放送網 読売テレビ放送 ジェイアール東日本企画 ツインズジャパン KADOKAWA/STV・MMT・SDT・CTV・HTV・FBS ©2020映画「青くて痛くて脆い」製作委員会